ワキガの超音波治療なら脇毛を残すことができる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワキガの超音波治療なら脇毛を残すことができる

ワキガ手術すると脇毛は全部なくなる?脇毛を残す方法をご紹介!

ワキガの手術をすると、脇毛が全部なくなってしまうという話を聞いたことがありませんか?確かに、健康保険適用の剪除法では脇毛を残すことは困難です。しかし、健康保険を適用しない手術方法であれば、ある程度の脇毛を残すことのできる病院もあります。ワキガ臭は消したいけれど、脇毛は残したいという男性にオススメの超音波治療についてご紹介します。

健康保険適用の手術は脇毛がなくなる

ワキガの手術には、健康保険が認められていて3割負担でいいものと、健康保険が適用されず全額自己負担で行うものの2種類があります。健康保険が適用できるかどうかは、病院が健康保険の診療に対応しているかどうか、ワキガの程度が手術が必要なレベルかどうか、手術方法が保険適用と認められたものかの3点を満たしている必要があります。

今のところ健康保険が適用できるのは、剪除法という方法です。腋の下の皮膚を大きく切開して皮膚を裏返してアポクリン汗腺を切り取ります。この時に一緒に毛根も取り除かれるので、腋の下の脇毛はなくなります。もしも、手術後に部分的に脇毛が生えてきたら、アポクリン汗腺が取りきれていないことになります。つまり、ワキガ臭が再発してしまう可能性があります。

超音波治療なら脇毛を残せる

男性の脇毛は男らしさのシンボルだという人は多いですね。そのため、ワキガの手術で脇毛を失ってしまうことに抵抗があるかもしれません。そのような人にオススメなのが超音波治療です。

汗腺類と共に脇毛にある程度のダメージは与えることになりますが、明らかに不自然なほどに脇毛が薄くなってしまうということは回避できます。しかし、脇毛はワキガの原因である細菌の温床になりますから、脇毛を残す=完全にワキガ臭をシャットアウトするというのは難しいことです。それでも、脇毛を残したいという人は超音波治療を検討してみるといいでしょう。

術後は病院に通わなくてはいけないの?

超音波治療のメリットは、脇毛を残せることだけではありません。剪除法のように皮膚が定着するまで腕を固定する必要がないので、病院に入院する必要はもちろんのこと、通院も基本的には必要ありません。日帰り治療できるので、会社を休めない人でも安心です。ただし、この治療方法は健康保険が適用にならないので、全額自己負担で治療を受ける必要があるということは注意しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す